〜YANEGAWARA〜

30年以上前のお話です。ある小学校が建て替わることになりました。普通なら旧校舎は取り壊され廃材となります。しかし、その小学校は丁寧に解体されました。木材は一本いっぽん釘を抜かれ、屋根瓦と共に再利用されたのです。

「大工さんは釘がついてると嫌がるから、日々のお勤めを終えてから日暮れまで、半年以上・毎日、釘抜きをしたよ。女手だから少々どころでなく大変だったよ。」と、おばあちゃんより。

さてさて、その再利用された建物はと言いますと。今も、雨・風・陽射しを受け、潮風に吹かれております。さすがに老朽化が進みますので… 釘を打ち直し、防腐塗料を塗り、瓦も手入れの真っ最中。

校歌冒頭「かすむ厚島、ひびきなだ」の景色が見られるこの場所で。静かに尊大に、美しい屋根瓦は保たれているのです。「鳴き砂ビーチうしろはま 」にて。

【 川棚小学校 校歌 】

作詞 網田 弥一
作曲 清 一二

かすむ厚島 ひびきなだ
つづく松原 花のかげ
ピアノのひびく 学び舎に
足どり軽く 手をとって
行こうぼくらの川棚校

風は峰から広野から
明るい窓にふいてくる
湯けむりなびく丘の上
希望の雲が今日もわく
たのしいわたしの川棚校

雨が降っても 風の日も
仲よく助け はげまして
伝わるほこり うけついで
ゆめも豊かにのびてゆく
ほこれ みんなの 川棚校

—–

川棚小学校・旧校舎は再利用され、海の家「大雅海の家」と名付けられました。今も「鳴き砂ビーチうしろはま」に建っています。老朽化が進んでいるので、少しづつですが手入れをし その姿を保っています。ぜひ川棚小学校・旧校舎の屋根瓦を見に来てください。懐かしい面影がありますよ。

またこの建物を維持するにあたり、お力添え頂けると幸せます。お気付きの事がありましたらご教授下さい。どうぞ宜しくお願い致します。

鳴き砂ビーチうしろはま

82bad2f16da37b4e3778

もどる

うしろはま海水浴場

PR

角島・(日本海水浴場100選)土井ヶ浜海水浴場より20kmほど南に位置する海水浴場です。
真っ白な鳴き砂、クリアブルーの海。 うしろはま海水浴場の写真1
うしろはま海水浴場の写真2 うしろはま海水浴場の写真3

事業内容/メニュー

角島・(日本海水浴場100選)土井ヶ浜海水浴場より20kmほど南に位置する海水浴場です。
真っ白な鳴き砂、クリアブルーの海。


営業時間


店休日


住所

豊浦町大字小串字後浜 山口県 下関市


TEL・FAX

090-6832-3219


ホームページ

http://www.ninmuso.com/ushirohama/


もどる

みんなの回覧板アーカイブ

もどる